FIT365が実施する感染予防対策 FIT365が実施する感染予防対策

店内の感染予防対策の取り組み

  • 手作りマスク

    手作りマスク

  • 手指消毒、ヘルスチェック

    手指消毒、ヘルスチェック

  • 有酸素マシンの間にパーテーション

    有酸素マシンの間に
    パーテーション

  • 更衣室ロッカーに間隔

    更衣室ロッカーに間隔

  • フリースペースにソーシャルディスタンス

    フリースペースに
    ソーシャルディスタンス

  • (KIOSK)入会端末機の間にパーテーション

    (KIOSK)入会端末機の間に
    パーテーション

  • マシンの汗拭きは除菌シートで

    マシンの汗拭きは
    除菌シートで

※店舗により感染予防の取り組みは多少異なります。

スタジオプログラムレッスンの感染予防対策

  • レッスン参加前の会員様にヘルスチェックシートの記入と注意喚起
  • レッスンの合間に30分以上の換気と消毒剤噴霧など室内清掃
  • 会員様へレッスンに必要な器具の消毒徹底のお願い
  • レッスン参加者の間隔確保のため、従来の半分の人数にて実施
  • 発熱、咳の症状が見受けられる会員様へスタジオから退室のお願い
  • レッスン中の掛け声、盛り上げ、ハイタッチ等は飛沫感染予防のため禁止
  • お客様に触れるアジャスト(ポーズ調整)、姿勢の補助、修正の中止
  • インストラクターの背面指導でのレッスン実施、またはパーテーション、フィルムを設置しての実施(いずれの場合もインストラクターはマスクを外させていただく場合がございます)

スタッフの感染予防対策

  • スタッフの検温、健康状態の確認徹底
    (検温結果が37.5℃以上あるスタッフは勤務停止)
  • 手洗い、消毒の徹底
  • マスク又はネックゲイターの着用
  • スタッフの家族等、同居者に感染者や感染者への接触が判明したものは出勤停止

店内の感染予防対策

  • 店内清掃時の消毒徹底
  • 換気頻度の強化
  • トイレのエアータオル、ジェットタオル停止
  • マシン設置のタオルを撤去し、消毒剤、使い捨てペーパーの設置
  • 手指用消毒剤の設置
  • 飛沫感染防止のため、有酸素マシン間にフィルム、パーテーション等設置、マシン位置の変更

会員様にご協力いただく感染予防対策

  • 体調の優れない方の利用自粛、及びご来館をお断りする症状、項目に該当する場合の入館禁止
  • 館内設置の消毒剤での手指消毒実施
  • マスク又はネックゲイターの着用
  • 利用前の検温、ヘルスチェックシートのご提出
  • 店内での分散利用
  • レッスン中の発声、ハイタッチの禁止
  • マシン、器具利用後の消毒実施
  • 咳エチケットの遵守
  • マスクが着用できないエリア(更衣室、スパ、サウナ、プール等)及びマスクの着用を推奨するエリア(スタジオ、有酸素マシンエリア等では安全面を考えマスクを外しての利用を可とする)では飛沫感染防止のため会話禁止
  • 地域の学校にて休業の措置が取られている場合は、幼児・学童・学生(18歳未満)の方は来場をご遠慮ください。
  • 高齢者の方は運動前の体調チェックと予防対策に万全を期してください。
  • また、以下に該当する、感染による重症化を引き起こしうる疾病をお持ちの方は、ご本人(ご自身)の安全のためしばらくの間、ご来場しないご配慮が必要ですので、ご来場をお控えください。
    (糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方)
    (人口透析を受けている方) (免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)

■以下に該当すると感じる点がある方のご来館は固くお断り申しあげます。
〔次の症状がある方等、該当する点があるお客様〕

  • *咳やくしゃみなど比較的軽い風邪の症状及びそれ以上の症状が続いている方
  • *息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある方
  • *咳、痰、胸部不快感のある方。
  • *味覚・嗅覚に少しでも違和感のある方。
  • *新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方。
  • *身内や身近な接触者に上記の症状がみられる方
  • *過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方。対象となる国や地域は以下の外務省HPをご参照ください。

外務省 海外安全ホームページ

「各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況」
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html

「感染症危険情報」とは?
https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/kansen_risk.html

  • 感染予防の取り組み

    感染予防の取り組み

    • 手作りマスク

      手作りマスク

    • 手指消毒、ヘルスチェック

      手指消毒、ヘルスチェック

    • 有酸素マシンの間にパーテーション

      有酸素マシンの間にパーテーション

    • 更衣室ロッカーに間隔

      更衣室ロッカーに間隔

    • フリースペースにソーシャルディスタンス

      フリースペースに
      ソーシャルディスタンス

    • (KIOSK)入会端末機の間にパーテーション

      (KIOSK)入会端末機の間に
      パーテーション

    • マシンの汗拭きは除菌シートで

      マシンの汗拭きは除菌シートで

    ※店舗により感染予防の取り組みは多少異なります。

  • スタジオプログラムレッスンの
    感染予防対策

    スタジオプログラムレッスンの感染予防対策

    • レッスン参加前の会員様にヘルスチェックシートの記入と注意喚起
    • レッスンの合間に30分以上の換気と消毒剤噴霧など室内清掃
    • 会員様へレッスンに必要な器具の消毒徹底のお願い
    • レッスン参加者の間隔確保のため、従来の半分の人数にて実施
    • 発熱、咳の症状が見受けられる会員様へスタジオから退室のお願い
    • レッスン中の掛け声、盛り上げ、ハイタッチ等は飛沫感染予防のため禁止
    • お客様に触れるアジャスト(ポーズ調整)、姿勢の補助、修正の中止
    • インストラクターの背面指導でのレッスン実施、またはパーテーション、フィルムを設置しての実施(いずれの場合もインストラクターはマスクを外させていただく場合がございます)
  • スタッフの感染予防対策

    スタッフの感染予防対策

    • スタッフの検温、健康状態の確認徹底
      (検温結果が37.5℃以上あるスタッフは勤務停止)
    • 手洗い、消毒の徹底
    • マスク又はネックゲイターの着用
    • スタッフの家族等、同居者に感染者や感染者への接触が判明したものは出勤停止
  • 店内の感染予防対策

    店内の感染予防対策

    • 店内清掃時の消毒徹底
    • 換気頻度の強化
    • トイレのエアータオル、ジェットタオル停止
    • マシン設置のタオルを撤去し、消毒剤、使い捨てペーパーの設置
    • 手指用消毒剤の設置
    • 飛沫感染防止のため、有酸素マシン間にフィルム、パーテーション等設置、マシン位置の変更
  • 会員様にご協力いただく感染予防対策

    会員様にご協力いただく感染予防対策

    • 体調の優れない方の利用自粛、及びご来館をお断りする症状、項目に該当する場合の入館禁
    • 館内設置の消毒剤での手指消毒実施
    • マスク又はネックゲイターの着用
    • 利用前の検温、ヘルスチェックシートのご提出
    • 店内での分散利用
    • レッスン中の発声、ハイタッチの禁止
    • マシン、器具利用後の消毒実施
    • 咳エチケットの遵守
    • マスクが着用できないエリア(更衣室、スパ、サウナ、プール等)及びマスクの着用を推奨するエリア(スタジオ、有酸素マシンエリア等では安全面を考えマスクを外しての利用を可とする)では飛沫感染防止のため会話禁止
    • 地域の学校にて休業の措置が取られている場合は、幼児・学童・学生(18歳未満)の方は来場をご遠慮ください。
    • 高齢者の方は運動前の体調チェックと予防対策に万全を期してください。
    • また、以下に該当する、感染による重症化を引き起こしうる疾病をお持ちの方は、ご本人(ご自身)の安全のためしばらくの間、ご来場しないご配慮が必要ですので、ご来場をお控えください。
      (糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方)
      (人口透析を受けている方) (免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)

    ■以下に該当すると感じる点がある方のご来館は固くお断り申しあげます。
    〔次の症状がある方等、該当する点があるお客様〕

    • *咳やくしゃみなど比較的軽い風邪の症状及びそれ以上の症状が続いている方
    • *息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある方
    • *咳、痰、胸部不快感のある方。
    • *味覚・嗅覚に少しでも違和感のある方。
    • *新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方。
    • *身内や身近な接触者に上記の症状がみられる方
    • *過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方。対象となる国や地域は以下の外務省HPをご参照ください。

    外務省 海外安全ホームページ

    「各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況」
    https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html

    「感染症危険情報」とは?
    https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/kansen_risk.html